「眉唾(まゆつば)」とはどういう意味?語源は?

「あの話は眉唾物だな。」などといった使い方をする、「眉唾(まゆつば)」という語句ですが、みなさんはその意味は分かりますか?

疑わしい、信用できない、怪しい、といった意味ですが、「騙されないように用心する」といった意味もあるそうです。

そもそも、「眉に唾をつけておくと、キツネやタヌキに化かされなくなる」といった江戸時代の俗説からきているとの事。

昔話の中では頻繁に、キツネやタヌキが出てきて人をだます、という話は聞きますが、昔は本当に信じられていたのでしょうね。お稲荷さんなどで狐さんは崇拝されてますし、ぶんぶく茶釜で有名なタヌキ、化け猫など、動物に絡んだ神話も数多く聞きます。それだけ昔の人の生活は、動物達と密接していたのでしょうね。

八百万の国だけあって、すべてのものに敬意を表している文化の影響を感じました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*