「生殺与奪」とは何て読む?またその意味は?(せいさつよだつ)

新聞を読んでいると、見慣れない四字熟語を目にしました。

「生殺与奪の権利を・・・」
「生殺与奪」??

漢字のそのままの意味からなんとなくはイメージできますが、ちょっと調べてみました。

「生殺与奪」とは「せいさつよだつ」と読み、意味としては、生かすも殺すも与えるも奪うも思いのままにできる、つまり絶対的な権力を持っている、という意味になのだそうです。

想像するとちょっと怖い文言ですね。その昔は実際に命のやり取りをする事もあったようですが、現在では人生の決定権を握っている、といったニュアンスで使われることが多いようです。
名門の御家柄などに生まれると、親の決めた道を歩く人生になってしまう、といった話を聞きますが、まさにこれなどは「生殺与奪」の権利を親が握っている訳ですね。

自分は普通の、イヤ、どちらかと言うと下流の家に生まれたのでそういった点では楽ちんでした。
お金持ちで裕福でも自由が無ければ息が詰まってしまいますよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*