「温故知新(おんこちしん)」とはどういう意味?

知っているようであまり理解していない四字熟語。
本日は「温故知新(おんこちしん)」に引っかかりました。
改めて聞かれると、なんと説明すれば良いのやら、、と言う事で早速調べなおしました。

「温故知新」をそのまま言うと、「古(故)いものを温(あたた)めて、新しいものを知る。」となります。「温める(あたためる)」の解釈さえなければもう少し分かりやすいと思うのですが、この場合の「温める」は、「温ねる(たずねる)」と読むのだそうです。なぜ「たずねる」と読ませるのかは定かではありませんが、大切に、大事に、といったニュアンスなんだと思います。「アイディアを温める」などと言いますが、そういった意味合いなのかと個人的には考えております。

とのことで意味としては、古いものを良く理解した上で、そこから新しいものを生み出す。といった事とのこと。なるほど、なんでも基本が大事ですよ、といった意味になるでしょうか。

いずれにしても先人達の知恵と言うのは凄いものを感じますので、改めてリスペクトし、日々を過ごすべきかと再確認しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*