「死に体(しにたい)」とはどういう意味?

なんだか縁起の悪い表現ですね。あの企業はもう「死に体」だよ。などと使われますが、なんとなく「もうダメ」的な意味なのは分かりますが、正しくはどのような意味なのでしょうか?

気になりましたので、ちょっと調べてみました。

「死に体(しにたい)」とは、本来相撲用語で、自力では回復できない大勢、状態をさしているとの事。です。反対語に「生き体(いきたい)」という語句があるようです。こちらは「優勢」という意味ももちろん含みますが、主に判定になるような微妙な勝負の時に使われる言葉のようです。

なるほど、相撲用語だったんですね。

歌舞伎や相撲用語が一般に広まって、普段使いになっているのは意外と多いですね。それだけ古くから一般大衆になじんでいる文化なのでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*