「未曾有(みぞう)」とはどういう意味?

ちょっと前の日本のボスが読み間違えたことでも有名な「未曾有」。

「みぞうゆう」ではなくて「みぞう」と読みますのでご注意を。

「未曾有の事件」「未曾有の大惨事」などとして使われますが、元々は仏教用語だったようで、仏様の尊さ、神秘的なエネルギーの事を「未だ(いまだ)曾て(かつて)有らず(あらず)」として表した文言なんだとか。

現在では悪い意味で使われますが、本来はとても神聖な意味を持っているのですね。

募金情報まとめ – 平成23年東北地方太平洋沖地震


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*