「放蕩」とはなんと読む?またどういう意味? (ホウトウ)山梨名物のほうではありません。

小説を読んでいると、ちょっと見慣れない文言を目にしました。

「さぞ放蕩された事で・・・」
「放蕩」??

まったく読めません。
早速調べてみました。

「放蕩」とは「ほうとう」と読み、意味としては、女遊びや酒びたりになる、思うがままに遊び振舞う、と言ったことになるのだそうです。

思い出しました。
「このホウトウ息子!」などとドラマの台詞で聞いた事がありますが、その「ほうとう」だったのですね。
遊び呆けていてる様を表しているようですね。

「ほうとう」と聞くと、幅の太いうどんのような山梨名物の例のヤツが思い出されます。
なんとなくこっちの「ほうとう」にかかっている文句なのかと思ってましたが、ちょっと間違ってたみたいですね。

自分は「放蕩」と言われたことはありませんが、今後も言われないように日々気をつけたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*