「憚れる」とはなんと読む?正解は(はばかられる)だそうです。

小説を読んでいると見覚えのない漢字を目にしました。

「人目が憚れるので・・・」
「憚れる」??

まったく読めません。
多分あれじゃないかなー、というのはあるんですが。
早速調べてみました。

「憚れる」とは「はばかられる」でした。予想していたのと同じでした。
意味としては、気が引ける、遠慮する、といった意味になりますよね。

さらに調べてみると、「憎まれっ子世に憚る」の「憚る」は上記の意味とは異なって、幅をきかす、威張る、といった意味になるのだとか。確かにそうですよね。でも何で「威張る」と「遠慮する」といった正反対の意味になるのでしょうか?さらに調べてみると、「憎まれっ子世に憚る」という文句自体がそもそも誤用で、「はばかる」を「幅をきかす」との意味で間違って使ってしまい、いつの間にかそのまま定着してしまったのだとか。

なるほど、本来は誤用だったとは調べてみると面白いですね。
またひとつ勉強になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*