「意匠」とは何と読む?またどういう意味?「いしょう」と読んで簡単に言うと「装飾」の意味のようです。

仕事のメールでちょっと意味の分からない漢字がありました。

「先日の意匠確認ですが・・・」
「意匠確認」??
「意匠」???

「いしょう」と読むのでしょうか?
意味もまったく分かりません。

早速調べてみました。

「意匠」とは「いしょう」と読んで、絵画や詩などで工夫を凝らす、といった意味や、美術品、工芸品、工業製品などの配色、形状の工夫、トータルデザイン。と言った意味になる模様です。さらに関連して調べてみると、主に特許などの分野で使われる事の多い文言のようで、その場合には、独自の工夫を凝らしたデザイン、といった意味で使われているのだそうです。

今回私がもらったメールの件は、デザインの方向性、といった意味なのかと想像できました。
まさか「意匠」=「デザイン」とは想像できませんでした。

まだまだ知らない日本語がたくさんあります。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*