「後塵を拝する」とは何と読む?またどういう意味?「こうじんをはいする」と読むのだそうです。

新聞を読んでいると、難しい語句を目にしました。

「世界的に後塵を拝する形となったが・・・」
「後塵を拝する」??
ことわざになるのでしょうか。
また何と読んでどのような意味になるのでしょうか?

気になったので早速調べてみました。

「後塵を拝する」とは「こうじんをはいする」と読み、意味としては、人に先をこされる事、または優秀な人についていく事、こびる事、という意味なのだそうです。
初めの「後塵(こうじん)」とは、馬車などが通り過ぎた後に立つ土ぼこりの事で、「拝する」とは、おがむ、見受ける、という事。つまり、先導者の土ぼこりを受けつつ進む、や、優秀な人物の行く道に立つ土ぼこりも拝む、といったイメージになるのでしょうか。

また「黄塵を拝する」と記述する方も多いようですが、こちらは誤字になってしまうのだとか。

なるほどまたひとつ勉強になりました。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*