「彷彿(ほうふつ)とさせる」とはどういう意味?

「彷彿とさせる」とは、=思い出される、想像できる。といったような意味だと思っていましたが、先日辞書を引いていると、

「目前にありありと見える。」

といった意味と、

「ぼんやり見える。」

といった意味が書いてあり、

「ありありと」と、「ぼんやり」とでは、かなり違うと思いますが、ようは鮮明に想像できる。といった意味が一般的のようです。

また、助詞をのぞいて、「彷彿する」「彷彿させる」といった使い方もあるようですが、一般的には「彷彿とさせる」とするようです。

ひとつの言葉でいろいろな解釈が違うこともあります。本当に日本語って難しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*