「射程距離」という言い方は間違い?細かく言うと「射程」自体が「距離」の意味を含むので重言。

先日知人との会話の中で、ちょっと話題に上がりました。

ミサイルの「射程距離」っていうけど、アレって間違ってるらしいよ。と。
むむ、、何が間違いなのか。。

ちょっと気になったので調べてみました。

「射程(しゃてい)」とは、弾丸が届く最大の距離の意味で、「射程」自体に「距離(きょり)」の意味を含んでいるので、同じ意味を重複して使う重言(じゅうげん)になるのだとか。とはいえ、実際に使われていることが多いので、細かく言えば間違いなのかも知れませんが、普通に使っても特に問題はないんじゃないかとの話が多いようです。

「頭痛が痛い」とか、「返信を返す」なんてのは分かりやすいですが、射程の「程」が距離との意味とは気付きませんでした。

話題の本質とは違いますが、このような重複する意味の言葉の事を「重言(じゅうげん/じゅうごん)」と言うのですね。初めて知りました。
二重表現や重複表現とも言うそうですね。

本当に日本語って奥が深いですね。
毎日日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*