「奇しくも(くしくも)」とはどういう意味?

頻繁に見かける語句の、「くしくも」という言葉ですが、なんとなく「惜しい(おしい)」「悔しい(くやしい)」といった意味かと考えておりましたが、ちょっと自信がありませんでした。

改めて調べてみました。

意外や意外。調べてみると「くしくも」は、「奇しくも」と書くのですね。これだと「きしくも」と読みたくなりますよね。意味としては、「偶然にも」「不思議にも」という意味なのだそうな。
「奇々怪々」の「奇」なので、漢字が分かっていればイメージがつかめましたが、そういう事だったのですね。

「奇」の漢字を見ると「ハイスクール!奇面組」を思い出します。
年齢がばれてしまいますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*