「夭折」とはなんと読む?その意味は?(ようせつ)

ネットをウロウロしていると、見慣れない文言に遭遇しました。

「1966年に夭折した。」
「夭折」??

前後の意味から亡くなった意味なのは理解できますが、一体何と読むのでしょうか。
早速調べてみました。

「夭折」とは「ようせつ」と読み、意味としては早くして亡くなることを言うのだそうです。他にも「夭逝(ようせい)」「夭死(ようし)」との言い方もあるそうです。同意語で若くして亡くなる「若死(わかじに)」との語句が思い浮かばれますが、前者の「夭折(ようせつ)」は、成人前や子供を残す前に死亡した場合に使われる事が多く、「若死(わかじに)」は社会には出たものの早くして亡くなった場合に使われるようですが、ハッキリとした決まりはないとの事。また「早世(そうせい)」とも言われるようです。

まだまだ知らない日本語がたくさんあって勉強する甲斐がありますね。
人生日々勉強です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*