「垣間見る(かいまみる)」のかいまとはどういう意味?

「彼の違う一面を垣間見た。」

と、小説でふと引っかかりました。

「垣間見る」?

なんとなく、覗き見る、ちょっと見えた、などという意味かと思いますが、「垣間」とはどういう事なんでしょうか?

気になったのでちょっと調べてみました。

意味としては、覗き見る、という事で間違ってなかったようです。「垣間(かいま)」とは、「生け垣(いけがき)」や「垣根(かきね)」など、家の周りに囲っている「垣(かき)」。それの間の事を指しているようです。垣の間から見る、ということで、ちらっと見える様を表しているようです。

「かきまみる」といってもらえれば分かりやすかったのですが、「垣(かき)」を「かい」と読んでいるので、イメージができなかったようです。

いやいや、まだまだ勉強不足です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*