「吹奏楽(すいそうがく)」と「ブラスバンド」の違いは?

テレビを見ていると、興味のある話題を扱っていました。

「吹奏楽(すいそうがく)」と「ブラスバンド」の違いってなんですか??
んー、、なんでしょう??

早速調べてみました。

「吹奏楽」が金管楽器、木管楽器、打楽器、弦楽器で構成されているのに対して、金管楽器と打楽器のみで構成されているものを、「ブラスバンド」としているのだそうです。なるほど、いわゆるオーケストラの全部入りが「吹奏楽」で、トランペットやトロンボーンなどの金管楽器(きんかんがっき)がメインとなっているのが「ブラスバンド」と言う訳ですね。

また「木管楽器(もっかんがっき)」と言うのは、「リード」という竹などを利用したもので音を出す楽器を指すそうで、どこから見てもピカピカの金属製である「サックス」も木管楽器となるのだそうです。また理由は良く分かりませんが、リードを使わない「フルート」も木管楽器の種類に入るようです。

良く聞く言葉ですが、調べてみるといろいろあって面白いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*