「勇み足(いさみあし)」とはどういう意味?

たまに耳にする「勇み足(いさみあし)」との語句。言葉のイメージから、なんとなくにじり寄ってくるような、グッと踏ん張って力の入ったイメージかと考えていましたが、どうやらニュアンスがちょっと違うようなので、改めて調べてみました。

「勇み足(いさみあし)」とは、元々相撲用語で、相手を土俵際に追い詰めて勝てる状況なのに、勢い余って土俵の外に踏み出してしまう事なのだそうです。この事になぞらえて、熱心に取り組んでいるのに勢い余って失敗してしまう事、やりすぎてしまう事を意味しているようです。

むしろ、集中して慎重に事を運ぶ、のように考えていた私の認識とは全然違っていて、ビックリしました。全く逆のイメージですもんね。

今まで何度かうろ覚えで使っていましたが、皆さん頭にクエスチョンマークだったでしょうね。イヤー、まいったまいった。日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*