「処暑」とはどういう意味?二十四節気のひとつで「しょしょ」と読むのだそうです。

仕事のメールでちょっと見慣れない文言を目にしました。

「処暑の候、暑い日が続きますが・・・」
「処暑」??

お決まりの時候の挨拶なのは分かるのですが、この「処暑」とは一体なんと読むのでしょうか?
ちょっと気になったので調べてみました。

「処暑」とは「しょしょ」と読み、「立秋」の次に来る二十四節気のひとつとの事。太陽黄度が150度の位置に来る日で、8月23日ごろにあたるのだそうです。
暑さが峠を越して、以降日々気温が下がっていく節目の日として使われるようです。

想像通り「二十四節気」のひとつでしたが、この「処暑」とは記憶がありませんでした。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*