「内包(ないほう)」とはどういう意味?

なんとなく知ってはいるものの、説明まではできない言葉ってありますよね。以前から「内包」という言葉が気になっていたことを思い出しましたので、ちょっと調べてみました。

「内包(ないほう)」とは、そのまま字が表している通り、内側に持っていることを指しているとの事。

安全だ安全だと言われていた原子力発電所も、実は大変危険なリスクを内包していた訳ですね。地球に暮らしている上で、自然災害のリスクは常にともなっている訳ですから、今回の災害は想定の範囲外、ということだけではすまされない事態となっています。ですが、原子力の恩恵を受けていたことも事実ですから、すべて電力会社の責任、という訳でもないかと思います。

私たち日本人は、「モラル」や「思いやり」や「我慢強さ」などを内包しているはずですので、きっと近い将来、奇跡の復興はまちがいなく実現すると思います。

募金情報まとめ – 平成23年東北地方太平洋沖地震


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*