「五月雨式」とは何て読むんでしょう?またその意味は?(さみだれしき)

新聞を読んでいると見慣れない文言に目にとまりました。

「五月雨式に続いている…」
「ごがつアメしき」??

よく意味が分かりませんでしたので早速調べてみました。

「五月雨式」とは「さみだれしき」と読み、意味としては、ダラダラと途切れながらも長く続く様子、といったイメージのようです。そもそも「五月雨(さみだれ / さつきあめ)」というのが、古い暦の5月、現代の「梅雨」にあたる季節だったようで、そこから転じて、梅雨の長雨のように降ったりやんだりする期間が長く続く様子、からきているようですね。

自分は短気な方で、ただ時間だけが過ぎていくような、なんの答えが出ない会議などではすぐにイライラしてしまいます。
五月雨式に続く物事は本当に勘弁してほしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*