「不躾」とはなんと読む?その意味は?(ぶしつけ)

小説を読んでいると、見慣れない語句に目が止まりました。

「その不躾な物言いに…」
「不躾」??
「ふび」??

全く読めませんので早速調べてみました。

「不躾」とは「ぶしつけ」と読み、意味としては「礼を欠く」「無作法」「礼儀作法をわきまえない」といった意味になるようです。他にも「不仕付け」「無躾」と記述するケースもあるとの事。謙って人にお願いする場合に「不躾なお願いですが」などと使ったりしますね。読めればおおよその意味は理解出来てましたね。

でも人間、ちょっと不躾なくらいの方が魅力的だったり、仕事が出来る人だったりしますよね。
何事も引くところと押すところのバランスが大切ですね。最近よく聞く「ツンデレ」との表現は、まさにこんな感じでしょうか。
使い方を間違わないように、うまい具合に「不躾」に行ければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*