「三顧草廬」とはどういう意味?またなんと読む?(さんこそうろ)

新聞を読んでいると全く意味の分からない四字熟語を目にしました。

「三顧草廬の思いで・・・」
「三顧草廬」??

全く意味が分かりません。
早速調べてみました。

「三顧草廬」とは「さんこそうろ」と読み、意味としては簡単に言うと、立場ある人がスカウトしたい人に対して礼を尽くして交渉すること。といった事なのだそうです。そもそも古い中国の出来事が元になっているようで、人の上に立つ人が、ぜひ迎え入れたいと考えた方の自宅に3度も赴き、謙ってお願いした、という出来事が元になっているのだそうです。前半の「三顧(さんこ)」とは、三回お願いする、後半の「草廬(そうろ)」とは、草でできた家、自宅のことを謙って言う場合にも使われるのだとか。

日本では「三顧の礼/三顧之礼(さんこのれい)」や「三顧(さんこ)」と使われる事が多いようで、この場合でも上記と同様の意味になるのだそうです。

まだまだ知らない文言がたくさんあります。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*