「一瀉千里」とは何て読む?その意味は?(いっしゃせんり)

小説を読んでいると見慣れない文言を目にしました。

「一瀉千里にこなす姿は・・・」
「一瀉千里」??

まったく分かりません。
早速調べてみました。

「一瀉千里」とは「いっしゃせんり」と読み、水は流れ出すと千里の距離も一気に流れていくさまから、物事が一気に解決していく様や、弁舌や文章が巧みでよどみのない様、といった事とありました。つまりはスムーズに進行していく模様を指しているようです。

仕事にしても遊びにしても、スピーディに物事をこなしていく人ってかっこいいですよね。
自分もそのようになれるよう日々精進します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*