「ページェント」とはどういう意味?(pageant)

今時期になると各地でイルミネーションでデコレーションした風景を目にしたり、イベントを行っていたり、「光のページェント」などと言ってよく耳にします。

ふと気になりました。
この「ページェント」とのカタカナ英語は、一体どういう意味なのでしょうか。
よく意味が分かりませんでしたので、改めて調べてみました。

「ページェント」とは英語で「pageant」と記述して、歴史的な物語を見せる野外劇、または、仮装行列や大規模なショーの事を意味しているのだそうです。キリスト教徒の中では主にイエス生誕劇の事を指しているとの事で、そこから転じて、クリスマスシーズンに飾り付けられたイルミネーションの類の事を指して「ページェント」と言われるようになった模様です。また本来は「ページをめくる」といった意味になるようですね。=物語が展開する、と言う事なのでしょう。

また本来英語の発音では「パジェント」と言うのが正しいようで、間違った発音で日本に広まっているとの事。また私自身ちょっと勘違いしていたのが、「ペーシェント」と、濁らないものかと思っていたのですが、こうなると意味が病気を患った「患者」との意味になるとの事。危ない危ない。。

やっぱ気になったことは調べるべきですね。
本当にインターネットって便利です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*