「ビッグバジェット」とはどういう意味?(big budget)

ラジオを聞いていると聞きなれないカタカナ英語を耳にしました。

「やっぱビッグバジェットだと・・・」
「ビッグバジェット」??

早速調べてみました。

「ビッグバジェット」とは「big budget」と記述し、映画業界で言われている専門用語のようで、製作費が1億ドルを越える規模の映画を「ビッグ・バジェット」または「イベント・ムービー」と呼ぶのだそうです。日本でよく聞く「超大作」などといわれる作品でしょうか。さらに、5,000万ドル前後の規模では「ブルー・チップ」、2,000万ドル前後のいわゆる低予算作品では「ロウ・バジェット」または「ポートフォリオ」と呼ぶのだそうです。

そもそも「バジェット(budget)」というのが、予算、経費、といった意味との事ですので、英語が分かる方が聞いたらそのもの「大きな予算」という意味になるのですね。

日本語も大事ですが、英語も理解できるようになれたらカッコいいですよね。
目標は高く、日々精進します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*