「ネグレクト」とはどういう意味?(neglect)

新聞を読んでいると、見慣れないカタカナ英語を目にしました。

「ネグレクトされた子供たちは・・・」

「ネグレクト」??

なんとなく前後の文面から、虐待的な意味なのは想像できますが、本当はどういった意味なのでしょうか。
ちょっと気になったので調べてみました。

「ネグレクト」とは英語で「neglect」と記述し、児童虐待、育児放棄、といった意味で使われるとの事。最近では問題になっている、子供の世話をしない、食事を与えない、泣いても無視する、といった育児放棄行為に対して使われることが多いようです。
本来「neglect」の英語での意味は、怠慢、粗略、無視、軽視、といった意味になるとの事。そこから派生して、世話をしない、といった事でネグレクトと使うようになったのだそうです。また子育てに限ったことでなく、老人介護やペットの世話などについても、虐待を含めそれを怠る事を「ネグレクトする」というのだそうです。

大人のいない部屋に何日も乳児を放置する、などといった痛ましい事件も記憶に新しいかと思います。
普通の感覚では信じられない事ですが、ごく少数とはいえ現実に「ネグレクト」が起きているという事は大変悲しい事です。
「ネグレクト」関連の事件が無くなる事を切に願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*