「スケープゴート」とはどういう意味?

先日ニュースを見ていて、聞きなれない言葉を耳に。

「スケープゴート」?

第一印象で、「幽霊から逃げる」とイメージしましたが、それじゃ「エスケープ・ゴースト」ですよね。

真面目に調べてみました。

スケープゴート(scapegoat)とは、「古代ユダヤで、罪滅ぼしの為に生贄にされるヤギ」、というのが本来の意味ですが、現在では、「責任転嫁する為の身代わり」といった意味で、広く使われているようです。

たとえば、「民主党小沢氏の資金問題」、「中国の毒入り餃子事件」などが思い浮かびます。いずれも、「秘書がやったこと・・・」「悪いのは日本・・・」と、何度も聞いたフレーズかと思います。

世のお父さん達も、「仕事の付き合いで飲みに・・・」「ゴルフに・・・」と、仕事をスケープゴートにしてませんか?
で、使い方は正解なのかしら?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*