「シズル感」とはどういう意味ですか?

先日ある文面に出てきた「シズル感」なのですが、初めて聞く言葉で意味が分かりませんでした。

早速調べました。

元々は広告業界などの専門用語として使用されていた言葉で、語源は英語の「sizzle(シズル)」から来ているとのこと。

「sizzle(シズル)」とは、

  • 焼けるように暑いようす。
  • 怒って頭に血が上っているさま。
  • ジュージューと音をたてていること。

といった意味になります。

今回の「シズル感」は、「ジュージューと音をたてていること。」という意味合いを、食べ物などの新鮮さ、みずみずしさ、焼きたての臨場感などに当てはまる言葉です。

広告などで見かける、キンキンに冷えたビールの様子や、焼き立てのステーキから立ち上る湯気、肉汁のおいしそうな感じなどのことを言っているようです。

現在ではその意味合いも少々変化しつつあるようで、「ビビット」や「リアル」といった意味で、食品関係だけでなく、「シズル感たっぷりの女性」や「シズル感の強い一眼レフカメラ」などとも使われているようです。

食べ物関係の広告は、写真の臨場感が強ければ強いほど、無性に食べたくなりますよね。ダイエットされている方にとって「シズル感」は大敵ですね。


2 thoughts on “「シズル感」とはどういう意味ですか?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*