「コンセンサス」とはどういう意味?

こんなときに本当に何を考えているのか。恫喝、オフレコ、載せたら終わり、などの問題発言で世間を騒がせている「松本龍復興担当相」ですが、本当に今すぐ辞めてほしいと思いました。あんな人間を大臣に起用する管政権にもガッカリです。早くお辞めください。

彼の発言で「コンセンサス」という文言が出てきておりますが、このコンセンサスとはどういう意味なのでしょうか?私だったらあの場で「スイマセン、コンセンサスってなんですか?」と聞いたのですが。

早速調べてみました。

「コンセンサス」とは英語で「consensus」と記述し、意味としては意見の一致、合意、といったことなのだそうです。主に政治やビジネスの分野で使われることが多く、前もって相談し了承を得ておく「下話(したばなし)」、「根回し(ねまわし)」的な要素を強く含んでいるようです。

こんな事態になるとは、松本龍氏も各方面にコンセンサスを取っておくべきでしたね。
でも、あのような感情的な発言をなさるお方では無理でしょうね。
松本さん、このブログは終わらせないでください。

と思ったら、もう辞任でしたか。
この期に及んで最後は自画自賛で。本当に呆れます。
国会議員もお辞めになられてはと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*