「ケリ(けり)をつける」の語源。

「あの件には、けりをつけたよ。」

などと、「決着した」や「終わった」との意味合いで使われます、「ケリをつける」ですが、私、「蹴り」=「キック」の事だと思っていました。

先日、ふと語源を調べてみると、唖然。

「ケリをつける」の「けり」とは、和歌や俳句などの古典文章で使われる「~けり。」が語源とのことで、「けり」を付けて文章を終える、といったところが由来との事。

「蹴散らしてすべてを白紙にする」というようなイメージで考えていましたが、そんな暴力的なことではなかったようです。

日ごろ使っている日本語でもまだまだ知らないことがあります。人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*