「ガンチク」とはどういう意味?(含蓄)

ラジオを聴いていると、ちょっと意味の分からない文言を耳にしました。

「ガンチクのあるお言葉で…」

「ガンチク」?
なんとなく重みのある的なイメージをなんとなく持っておりますが、はっきりと理解しておりませんでしたので、改めて調べてみました。

「がんちく」とは「含蓄」と記述して、物理的に「内側に含む」や「内に深い意味がこもっている」といった意味のようです。今で言うところの「深イイ」ってヤツですかね。
古い中国の言葉で「人を責むるには含蓄せんことを要す」というのがあるらしいです。意味としては、人を注意する時は、らるべくソフトに。といったニュアンスのようですが、この場合の「含蓄」とは、1から10まで全部言うもんじゃないよ。と言ったニュアンスになりますでしょうか。

「1」言ったら「10」まで理解する、といった日本人の好きそうな言葉ですね。つまりは人の心が分かる人、気が利く人、という事なのでしょうか。いわゆる「粋」に近いような。

自分も薄っぺらでなく含蓄(がんちく)のある人になれるよう、日々努力したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*