「カルモチン」とはなんですか?

ラジオを聴いているとちょっと聞きなれないカタカナ英語?を耳にしました。

「芥川龍之介も太宰もカルモチンで…」

「カルモチン」??

話の内容からおおよそ薬の一種なのであろうかとは予想がつきますが、ちょっと気になったので調べてみました。

「カルモチン」とは、ブロムワレリル尿素と言う化合物で、睡眠鎮痛効果がある薬物との事。1950年頃から発売し、武田薬品工業から発売された商品が「カルモチン」と言う商品名だったのだそうです。

なるほど、薬の名前だったのですね。
その昔は「ヒロポン」と言う名でいわゆる覚せい剤も一般販売されていた時代もあったようですので、今から考えるとちょっと怖いですよね。
私らが子供のことは、擦り傷や切り傷には「赤ちん」だったのに、いつからか「あれは良くない」って話になって突然世間から消えた記憶があります。
自然治癒力を高めて、なるべく薬に頼らないようにしたいものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*