「アサイン」とはどういう意味?(assign)

先日仕事中に聞きなれないカタカナ英語を耳にしました。

「例の案件は○○君をアサインしましたので・・・」
「アサイン」??

話の流れから、担当になってもらう、といったニュアンスなのかとは思ったのですが、改めて調べてみました。

「アサイン」とは英語で「Assign」と記述して、元々は「定義」、「割り当て」といった意味で、そこから転じてビジネス用語として、「担当」、「仕事の割り当て」、「担当の確保」、といった意味になっているらしいです。また、IT用語として、外部機器が接続している状況や、OSの仕様変更を行う事も「アサインする」と表現するのだそうです。

なるほど、勉強になります。
そろそろ良い時間なので、就寝前の寝酒を自分にアサインしようと思います。
使い方あってるかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*