「よもやま話」とはどういう意味?(四方山話)

ラジオを聴いていると、ちょっと気になるワードを耳にしました。

「ちょっとしたヨモヤマ話なんですけどね・・・」

「よもやまばなし」・・・

なんとなく、他愛のない話、といったイメージで考えておりますが、なんとなく気になったので一応調べてみました。

「よもやまばはし」とは「四方山話」と記述して、意味としてはいわゆる「世間話」的な話の事を言うのだそうです。「四方山(よもやま)」とはもともと、「四方八方(よもやも)」と言っていたらしく、使われているうちに「よもやも」と発音されるようになり、「四方山」と字を当てたとの事。「四方八方(しほうはっぽう)」、いろいろなところから聞かれる話、つまりは世間話といった事のようです。

概ね認識は間違ってなかったようでした。
毎日日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*