「やぶさかでない」とはどういう意味?

新聞を読んでいると知っていはいるけれど、よく理解していない文言に目が止まりました。

「努力をするのもやぶさかでない。」
「やぶさかでない」??

気分はのらないけどやってもいいよ、的なニュアンスかと勝手に想像しておりますが、果たして正解は?

早速調べてみました。

「やぶさかでない」とは、そもそも「やぶさか(吝か)」という語句があり、こちらは物惜しみする、ためらう、ケチ、といった意味になるのだそうです。それを否定しているので、「物惜しみしない」「ためらわない」という事から、「する」のニュアンスで使われているようです。是非やらせて下さい。といった積極的な感じではなく、嫌では無いけど進んで参加しますよ、という消極的なニュアンスを含んでいるようです。

イエスなのかノーなのか、白黒はっきり付けない日本人らしい微妙なニュアンスの文言ですね。
私も毎日ブログを書くのは、やぶさかではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*