「みこしのまつ」とは神輿(みこし)の松?

昨日からの続きですが、「粋な黒兵衛」じゃなくて、「粋な黒塀(くろべい)」だったのかと目から鱗でしたが、次に続く「ミコシのマツ」は、「神輿(みこし)」、つまりお祭り好きなマツさん、で、粋な黒兵衛さんとお祭り好きな松さんだと思っていましたが、黒兵衛さんでなかったので、きっとコレも松さんではないなと。

続いて調べてみました。

「神輿の松」ではなくて、「見越しの松」で、意味としては塀際に外から見えるように植えられた松のことなのだそうです。なるほどつまり、「粋な黒い塀の上に見える松」ということなんですね。

なんだかとってもすっきりしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*