「まんざら(満更)でもない」の「まんざら」とはどういう意味?その語源は?

小説を読んでいて気になる文言が目にとまりました。
「褒められるのも満更ではない。」

「満更」とは「まんざら」かと思います。
そもそもこのまんざらとは、どういった語源の文言なのでしょうか。
ちょっと気になったので調べてみました。

意味としては、まんざらではないと否定して、全く駄目だという訳ではない。駄目ではない。むしろ肯定的な気持ち。といった意味とのことで、ここまでは何となく理解していました。
満更、という漢字は当て字で、「まっさら」という文言から転じて、まんざらというようになったのだとか。

なんとなくはっきりしませんが、まんざら分からない訳ではないですね。
なんとなく理解しておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*