「ひょんなこと」の「ひょん」とはどういう意味?語源は?

思いがけない事などという意味を、「ひょんなこと」と言いますが、この「ひょん」とはどういう意味なのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

諸説いわれがあるようですが、「ひょん」とは、変わったもの、奇妙な事柄、妙な事、という事を表しているようです。語源としては、種類の違う樹木が、融合して成長する「宿り木」、「接ぎ木」、という育ち方がありますが、花を咲かすと本来とは違う色の花が咲くことがあり、このことを「ひょん」と呼んだ、という説や、中国で「凶」の事を「ひょん」と読み、不吉な事が起こる前兆とされていた、と言う説。「イスノキ(柞)」と言う樹木があり、この木の事を「ひょん」と、別の呼び方をしており、この木になる実がとても特徴があるので、これになぞって変なものの総称を「ひょん」とした、などなど。
他にも、「変なもの」が転じて「ひょんなもの」になったとか、「ひょうたん」の「ひょう」は変な形を表している、とか。

語源としてはなんともはっきりしませんが、とにかく「変な事」という事ですね。

「ぬらりひょん」という妖怪がいますが、これは全然関係ないようです。
変つながりではあると思いますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*