「ひゃっかそうめい」とはどのように記述する?その意味は?(百家争鳴)

ラジオを聴いていると、ちょっと聞きなれない文言を耳にしました。

「あれはヒャッカソウメイというような・・・」
「ひゃっかそうめい」??

四字熟語なのかとは想像できますが、まったく意味が分かりません。
早速調べてみました。

「ひゃっかそうめい」とは「百家争鳴」と記述して、いろいろな立場の学者がそれぞれの立場から自由な議論を交わす事。にぎにぎしく自由に行われる議論の様。といった意味になるのだそうです。

なるほど、意味を踏まえて漢字を見てみると、「百家」=いろいろな家でしょうか。「争鳴」なく、争う、という感じでなんとなくイメージできますね。
朝まで生テレビのイメージしか出てきませんが、あんな感じでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*