「においだま」とはなんですか?正式名 膿栓(のうせん)

先日友人が話していたのですが、定期的に「においだま」なるものが喉から出てくるのだそうです。なんでも名前の通り大変匂いがキツい、粒状の白い塊なのだとか。「みんな出るでしょ?」みたいな勢いで普通に話し始めたので、私自身初めて聞いたし体験した事もないので半信半疑で、食べカスか何かがどこかに挟まっていて気付かないうちに発酵しているのでは?なんて思ってましたが、ちょっと気になってので調べてみました。

するとこの「においだま」、正式には「膿栓(のうせん)」というようで、風邪など引くと腫れる扁桃腺(へんとうせん)でよく聞く「扁桃(へんとう)」には小さい穴が空いていて、そこに皮膚や血液、細菌、食べ物など、いろいろなものがたまるのが原因で出来るのだとか。また「膿栓」は誰でもできるものらしいが、排泄方法が人によって様々なようで、私のように出たことがないという人はさほど大きくなる前に、自然と排出されているものと予想されますね。

人によっては大きくなって石化する場合もあるのだそうです。また口臭の原因にもなるらしいので、歯周病でもないのに口臭が気になる場合、においだまの可能性ありのようです。

あまり気持ちの良い話ではないですが、一度くらい経験してみたいものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*