「なかんずく」とはどういう意味?(就中)

小説を読んでいると、意味不明な語句を目にしました。

「彼は所作は、なかんずく平常時に・・・」
「なかんずく」??

まったく意味が分かりません。
早速調べてみました。

「なかんずく」とは「就中」と漢字でも記述するようですが、意味としては「特に」「とりわけ」「その中でも」といった意味なのだそうです。また会話の中で使われる文言ではなく、主に文章として使われる語句なのだそうです。
由来としては古い漢文から「とりわけ」と同様の意味で「就中」との語句があり、中に就く(なかにつく)との読みから変化して「なかんずく」と読むようになったのだそうです。

ホント、まだまだ知らない日本語がたくさんあります。
日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*