「ど根性」や「ド真ん中」の「ど」って何ですか?

「ど根性」や「ど真ん中」と、「ど」を付けて強調する言葉ってありますよね。ですがよくよく考えると、あの「ど」とは、どういう意味なのでしょうか?ちょっと気になったので調べてみました。

なかなか答えが分かりませんでしたが、どうやら関西発祥の表現方法のようです。

「ど根性」「どぎつい」「どえらい」「どあほう」「どすけべ」・・・
並べてみると、関西色が強いことがわかりますよね。関東では「ど真ん中」を「まん真ん中」とも言いますよね。

また、良い意味では使われず、悪い意味で強調して使われるようです。
「ど美人」とは言いませんが、「どブス」とは言います。
「ど上手」とも言いませんが、「ど下手」とは言いますよね。

「ど」自体に意味があるものではないようですが、罵る際の関西弁が元になっていることは確かなようですね。


One thought on “「ど根性」や「ド真ん中」の「ど」って何ですか?”

  1. 超ド級の「ド」と思いますが・・だいぶ古いのの書き込みで失礼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*