「とんちんかん」とはどういう意味?語源は??

「とんちんかん」という言葉がありますが、これっていったいどういうことなんでしょうか?

なんとなく、間抜け、ミスが多い、意味が分からない、などという表現のときに使うかと思うのですが。
気になったので調べてみました。

「とんちんかん」とは、刀鍛冶で鉄を打つ時に聞こえる音から来ているのだそうです。鋼を熱して叩く際に、息が合ってうまくいっていると、「とんてんかん」と聞こえるのだそうですが、腕の良くない未熟な職人が入ると、適切な個所でなく、端などを叩いてしまうと、「ちん」と甲高い音になるのだそうです。その音の様子から、「とんちんかん」という言葉は生まれたそうです。

ちなみに感じで書く「頓珍漢」は当て字なのだそうで、意味はないようです。

若いうちは「とんちんかん」な事をしてしまいますよね。
今になって考えると、赤面する思い出もたくさんあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*