「つぶしがきく(きかない)」のツブシとはどういう意味?「潰しが効く」が正解。

ちょっと前から気になっていた文言なのですが、困ったときにはなんとかなる、といったニュアンスの意味で「つぶしがきく・きかない」といいますが、この「ツブシ」とはどういう意味なのでしょうか?

ふと思い出したので調べてみました。

「つぶしがきく」とは「潰しが効く」と記述して、金属は潰してしまっても溶かして幾度でも再利用できる所から由来しているのだそうです。そこからイメージして、技術系の職業、特別な技術などを身に付けている場合などに使われているとのこと。

成る程、職業に関連して使われる文言なのですね。
でもまさか、溶かして再度整形できる金属から由来しているとは想像できませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*