「ちぐはぐ」の語源とは?

新聞を読んでいると、ふとした言葉に目が止まりました。

「ちぐはぐな関係が・・・」
「ちぐはぐ」・・・

なんとなくバラバラ、合わない、といった意味かと思いますが、そもそも「ちぐはぐ」とはどういう由来で、言われているのか、ちょっと興味をそそられましたので、改めて調べてみました。

まず意味としては、認識していた通り「食い違う」「調和していない」といった意味で、語源としては、「ちぐ」とは漢字で「鎮具」と書いて、いわゆる金づち(ハンマー)の事なのだそうです。対して「はぐ」とは「破具」と記述し、釘抜きのとこなのだそうです。つまり、金づちで打っては、釘抜きで抜く、仕事が一向に進まない。といった事から派生した言葉なのだそうです。

調べる前は当て字なんだそうなと思っていたのですが、キチンと意味がある語句で意外でした。今後「ちぐはぐ」と聞いたらトンカチと釘抜きをイメージすることになるかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*