「すれっからし」とはどういう意味?(擦れっ枯らし/擦枯/すれからし)

先日近所のおじさまとお話をしておりますと、ちょっと聞きなれない文言を耳にしました。

「まったくあれはすれっからしなんで・・・」

方言でしょうか?
なんとなく話の流れから、「やっかいな人」といった意味なのかとは想像できたのですが、改めて調べてみました。

「すれっからし」とは「すれからし」とも言い、「擦れっ枯らし/擦枯」と漢字で記述するのだそうです。意味としては、過去に何度も酷い事を経験して、性格が素直でなくなってしまった人。ずる賢くなってしまった人。苦労を重ねた後、人柄が悪くなってしまった人。といった意味になるとの事。世間にすれた人、素直でない人、性格の悪い人、といったニュアンスで使われているようですね。

なるほど、いわゆる「ヤンキー」「不良少年」「悪ガキ」といった意味で使っていたようですね。
男の子なら多くは経験する青春の1ページでしょう。すれっからした後、それでも曲がらずに日々を歩ければ最強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*