「すべからく(須く)」とはどういう意味?

新聞を読んでいると、ちょっと引っかかる語句を目にしました。

「須く対応すべきである」
「須く」?
「すく」?

ちょっと調べてみました。

「須く」とは「すべからく」と読んで、当然、必要、義務、といった意味で使われるようです。「当然対応するべき」という事だったようですね。また「すべて」という意味で使われる事もあるようですが、これは間違った使い方のようです。

元々漢語の「必須」から「須」の訓読みで、ク語法で作られた語句のようです。

現在東北地方太平洋沿岸部を中心として、大災害が起こっております。日本人の一人として須く救援、復興に参加したいと思います。まずは節電、節約から。ネット関連各社も募金など受付開始しているようです。

募金情報まとめ – 平成23年東北地方太平洋沖地震


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*