「じょうそう教育」の「じょうそう」とはどういう意味?(情操)

ラジオを聴いていると、ちょっと気になるワードを耳にしました。

「やはりジョウソウ教育のたまもの・・・」
「ジョウソウ教育」??

なんとなく、親身になって育てる、教育する、といったイメージではおりますが、本当はどういう意味なのでしょうか?
よく分からなかったので、改めて調べてみました。

「じょうそうきょういく」とは「情操教育」と記述して、前半の「情操」とは、情感の豊かな心、優れたものや美しいものにふれて感動する、道徳、美術、宗教などの社会的価値観を含んだ複雑な感情。といった意味になるとの事。
つまり「情操教育」とは、美しいものや素晴らしい事を体験して、豊かな感情を育てていく教育方針、といった感じでしょうか。

近いうちに義務教育の基本方針も「ゆとり」から優秀な人材が育っていくような環境にシフトするようです。
勉強もスポーツも、また心や気持ちも育つ教育を心がけてほしいです。
基本的には一件一件の家庭から、豊かな環境を作って行きたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*