「しゃにむ」とはどういう意味?遮二無二(しゃにむに)?

今、被災地でしゃにむに頑張っている人達がいます。本当に応援しています。直接被害のない地域に住んでいる私も、省エネ、節電、節制と、間接的になりますが、今できることをしたいと思います。一日でも早く、普段の生活が戻りますよう、みんなで頑張りましょう。

ふと、気になりましたが「しゃにむ」とは、どういう意味なのでしょうか?
なんとなく、なりふり構わず頑張っている様子をイメージしますが。
ちょっと調べてみました。

いきなり勘違いしておりましたが、「しゃにむ」に接続詞の「に」で、「しゃにむに」と言っているものだと思っていましたが、「遮二無二(しゃにむに)」とつながっている語句だったのですね。「遮二(しゃに)」で、ほかの事は断ち切る事を表し、「無二(むに)」では、二つとない事を表現しているとの事。意味としてはおおよそ正解で、「ほかのことは考えずただひたすらに」と、まっすぐ頑張っているイメージもあれば、「むやみに」「やたらに」「無鉄砲」と言ったあまり頂けない意味でも使われるとの事です。

日本全国一丸となって、遮二無二頑張りましょう!

募金情報まとめ – 平成23年東北地方太平洋沖地震


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*