「ご愛顧(ごあいこ)のほど」ってどういう意味?

少々かしこまった文章にてしばしば目にする「ご愛顧のほど」ですが、あまりよく意味がわかりませんでしたので、調べてみました。

「愛顧(あいこ)」とは、

  • ひいきにすること
  • 目をかけること

だそうで、「ご愛顧」=「ごひいき」ということですね。

よくある使い方ですと、

  • 相変わらずご愛顧のほどお願い申し上げます。
  • 永年のご愛顧に感謝いたします。
  • 倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

などと、結びの一文で利用されることが多いでしょうか。

ちなみに、「~のほど」は、特にそれ自体に意味はないようで、表現を断定せず、和らげるために用いられる語句だそうです。

日本人ならではのファジーな表現方法のひとつですね。


2 thoughts on “「ご愛顧(ごあいこ)のほど」ってどういう意味?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*