「ごせいちょう有難うございました」の「せいちょう」は「清聴」?「静聴」?

先日、仕事関連の集まりで、スピーチを拝聴する機会がありました。

「ごせいちょう、ありがとうございました。」

締めくくる際のお決まりの文句ですが、ちょっと気になりました。
この「ごせいちょう」とはどうに書くのでしょうか。
改めて調べてみました。

いろいろ調べてみると「せいちょう」には、「清聴」と「静聴」の二通りあるようなのですが、今回の有難うございました、と締めくくるには、「ご清聴ありがとうございました。」と、使われるようです。清く聞いてくれてありがとうと、感謝の意味で使われるようですね。
「ご静聴」の方はと言うと、お願する時などに「ご静聴願います。」と使ったりするようで、そういう意味で言うと「ご静粛(セイシュク)に願います。」などと言うニュアンスに近いのかもしれませんね。また「ご静聴に感謝します。」などとも使うようですので、人にお願するのが前提にあるみたいですね。

まだまだ知らない日本語がたくさんあります。
本当に日本語って難しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*